FC2ブログ

アアットケアサポート(介護タクシー小次郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルタネーターベルト調整

最近、冷え込んで来てから
事業用車両のエンジンをかけた直後に時々キュルキュルと
音が鳴るようになってました、このような症状の時は大体ベルトが古くなったか
テンションが緩め、私の場合交換してそんなに期間は空いてないので
初期のベルトの硬さが取れて緩んだと思われます。

悪さしているのは↓のベルトと思われ
確認すると若干緩い
20151228145703202.jpeg

写真は撮れませんでしたが
調整はプーリーのボルトを緩めアジャスターで調整して
ボルトを締めなおして完了です。

作業終了後は念の為、なじみのスタンドの整備士の
お兄さんにテンション確認してもらってます。
(缶コーヒー1本で←ありがとうっ)

今回使用した工具たち
201512281457057b3.jpeg

今回の作業でストレートメガネレンチが欲しくなった私です。

機械や車いじりをしない方には訳のわからない記事でしたね(汗)

おしまい
スポンサーサイト

サンタが家にやってきた

昨日はクリスマスイブ

我が家でも、
瀬谷駅前のカスタードさんのケーキで
ささやかにお祝い

20151225065954054.jpeg

小次郎もケーキを少しもらって
ご機嫌

朝起きると
娘の所にはサンタが来ていたようです

10何年か後には、
サンタがお迎えに来るのかな?

カスタード洋菓子店 瀬谷
食べログ

今日の犬


冬至が近いせいか
真っ暗

今日も頑張っていきますよ

20151217064934387.jpeg

2015121706493210a.jpeg

怖い写真になっちゃった
201512170649335d5.jpeg

冬タイヤに交換

最近別件に注力していた為久しぶりの更新となりました
(大したことではないのですが)

昨晩
相棒スーパーカブのタイヤを
冬用に交換

これで突然の雪でも安心して出動できますよ(^^v

2015121416032955b.jpeg

進まない「高齢ドライバー」の運転免許自主返納 「免許更新を厳格に」と弁護士が指摘

YAHOO ニュースから

高齢者による過失割合10:0事故に見舞われた経験のある私

激しく同意です

以下引用
***********************************
高齢者が引き起こす交通事故が相次いでいる。10月下旬には、宮崎市で認知症の73歳の男性が運転する車が歩道を暴走し、女性2人が死亡、男女5人が重軽傷を負うという悲惨な事故が発生した。11月上旬には、福岡県みやま市で93歳の女性が、16歳の高校生をひき逃げした疑いで逮捕された。

全国の自治体では、運転に不安がある高齢ドライバーに対して、免許の自主返納を勧めている。だが、車がないと日常生活が大変な地方を中心に、自主返納がスムーズに進んでいるとは言いがたい状況のようだ。

高齢者の交通事故を減らすために、運転免許の自主返納を促進するような方策はないのだろうか。木野達夫弁護士に聞いた。

●現行の高齢者講習制度は十分な内容なのか?

「現在、公安委員会では、70歳以上のドライバーが運転免許を更新する際には、高齢者講習等の講習を受講しなければ免許の更新ができない制度を取り入れています。この制度により一定の効果は上がっているものと思われます」

このように木野弁護士は説明する。だが、高齢者講習制度には問題点もあるという。

「現行の高齢者講習制度は、『落とすための試験』ではなく、『注意を促すための講習』に過ぎません。

講習には、座学や動体視力検査、夜間視力検査、実車走行などがあります。講習の結果、『動体視力が低下していますよ』『試験なら不合格ですよ。慎重に運転してくださいね』などのアドバイスを行い、ドライバーに注意を促すことが目的です。

しかし、運転免許取得の試験では、『本来は不合格だけど慎重に運転してください』と言って合格させるでしょうか? そうではないと思います。

自動車という『鉄の塊』で公道を走行する以上、安全運転に必要な判断能力や運転技能を持ち合わせていない人には免許を与えない、というのが免許制度のはずです。

厳しいことを言うようですが、現在の高齢者講習制度は不十分ではないかと、私は考えます。

●自主返納を進めるためには?

では、どのような施策が求められるのだろうか?

「安全運転が確保できる『判断能力及び運転技能』が認められない方には『免許の更新を認めない』という制度が必要ではないでしょうか。

そして、運転免許の更新が厳しいことが広く認知されれば、自ずと自主返納も進むと思われます。

このような意見については、『地方では自動車がなければ生活できない』『都市部でも公共交通機関は利用しにくい』という声も聞かれます。

しかし、そこは、国や自治体が責任を持って、自動車がなくても生活可能なインフラを整備すべきです。一部の自治体で採用されているコミュニティバスや欧米などで普及が進んでいるLRT(低床式路面電車)の整備などの可能性を探るべきではないでしょうか」

木野弁護士はこのように指摘した。

*********************************************

引用元リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00004010-bengocom-soci
プロフィール

アアットケアサポート

Author:アアットケアサポート
瀬谷区の介護タクシーです

タクシーの予約
問い合わせは
TEL045-513-7596迄

写真は愛犬
コーギーの小次郎

このブログの内容は間違いの場合もあるので
ここからの情報を元に不利益を被っても補償できませんので
ご理解の上ご覧ください。

このページの写真や情報の無断使用は禁止です。

使用している写真は、基本的に本人及び所有者に了承得て
掲載しておりますが、問題がある場合はご連絡ください。

リンクは基本フリーですが
出来ればコメント欄でご一報ください。

批判対象とするリンクは禁止いたします。

現在の閲覧者数:
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
お勧めの本
 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーリンク













ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。